top of page

第29回日本産婦人科乳腺医学会について

 


 平素より教室・同窓会にご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

このたび、川名 敬主任教授会長の第29回日本産婦人科乳腺医学会を

2023年2月26日(日)にシェーンバッハ砂防会館で開催させて頂きました。

数多くのご高名な先生方の特別講演、教育講演をはじめ、大変有意義なご講演を賜り、多くの皆様にご参加頂きました。新しい見地からのディスカッションも生まれ、おかげさまで盛会となりました。ご参加頂いた皆様に心より御礼申し上げます。


 引き続きオンデマンド 配信期間2023年3月1日(水)~3月31日(金)24:00迄にて

ご覧いただけますので、ぜひともご覧頂ければと存じます。









◆第29回日本産婦人科乳腺医学会 学会長挨拶

会長 川名 敬

日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野 主任教授


 日ごろから、産婦人科領域、そして産婦人科領域における乳腺疾患の診療と乳腺医学に多大なる貢献をいただき、まことにありがとうございます。

昨今のコロナ禍、そしてポストコロナ時代とともに乳腺疾患を取り巻く環境にも影響が出ております。

 たとえば、乳がん検診の受診行動にも影響があると言われています。

また、乳腺疾患を患った患者さんが新型コロナウイルス感染によって治療が遅れることも経験しております。

 このような逆境の中ではありますが、産婦人科乳腺医学の進歩を止めることなく、またコロナ禍に対応した新しい形を模索するべく第29回の学術集会を企画いたしました。

乳腺疾患は、良性からがんまで、妊婦さんから老年期の女性まで幅広く女性ヘルスケアに直結する疾患であります。

 また予防医学の観点から、その啓発や教育はすべての女性に重要な課題であります。

今回のテーマは、これらの疾患をいろいろな切り口から見直し、その課題を整理し、どのように対応するかを議論したいと考え、「乳腺疾患を多角的に斬る」とさせていただきました。

 乳腺だけでなく、子宮、卵巣、妊娠・出産などと絡み合っています。

私たちは、乳腺疾患を通じて、すべての女性の健康とリプロダクティブヘルスを健全に維持することをめざしています。

 皆様とともにこれらを実現していければと思っております。


◆開催概要

*****************************************

第29回日本産婦人科乳腺医学会

テーマ 「乳腺疾患を多角的に斬る」

会長   川名 敬 日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野 主任教授

事務局長 小松篤史 日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野 准教授

会期   2023年2月26日(日)

会場   シェーンバッハ砂防会館

所在地:〒102-0093 東京都千代田区平河町2丁目7−4 

電話:03-3261-8390

*****************************************


 同窓の先生方と共に、産婦人科学教室ならびに同窓会の更なる発展を目標に努めて参りたいと存じますので、今後ともご指導、ご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 日本大学医学部産婦人科学系産婦人科学分野  主任教授 川名 敬 同窓会会長 鈴木国興 医局長 小松篤史

閲覧数:128回0件のコメント
bottom of page